iEnt Times

iEnt Times

本BLOGは、アイエントが推し進めるOMOやDXについて、サービスの詳細な解説を交え書き綴ります。
日々進化する機能やサービス、クライアント様の実績などもご紹介いたします。
2021/02/25

#casestudy 芸能人着用情報が選択の後押しになる|TERRA1012さんのSTYLIA活用事例

アイエントのサービスについて企業様に突撃取材シリーズ「#case study」をお届け。

初回は、テレビ衣装協力が実現するオンラインプレスルームSTYLIA(スタイリア)を導入されている「TERRA 1012(テラ)」のStore Manager青山さやかさんと大平沙紀さんにSTYLIAの活用事例についてお話を伺った。

 

 

「TERRA 1012(テラ)」

人とダイヤモンドの関係に新たな光を当て、あなたが秘める本来の魅力を輝かせるために生まれたラボグロウンダイヤモンドのスペシャルティブランド「TERRA 1012(テラ)」は、洗練されたファッションの街表参道に2019年から店舗を構え、ブライダルジュエリーの他、贅沢にダイヤモンドをあしらったハイエンドなものから、普段使いが可能な上品で且つシンプルなラインまで幅広く取り揃えている。お客様が来店するきっかけは、Instagramや「ラボグロウンダイヤモンド」とネット検索をして訪れる方が多いという。

 

 

サスティナブルなラボグロウンダイヤモンド

研究所で育成されたダイヤモンドのことで、天然ダイヤモンドとまったく同じ成分・性質を持ち、限りなく純粋な輝きを実現した研究所育ちのダイヤモンド。環境問題や人道的な問題から解放されているため、エシカルかつサスティナブルなダイヤモンドとして近年注目を集めている。

 

 

オンラインプレスルームSTYLIAの活用

コロナ渦で衣装探しに直接店舗をまわることも難しい時期ですが、オンラインという利点でジュエリーを無制限に掲載することができ、たくさんの方にご覧いただけるところがありがたい。

 

「操作はとても簡単です。CSVで一括登録ができ、採用情報も一元で管理ができるので1から情報を入力してデータ化する必要はなく、本社やメンバーに共有するための作業工数もかかりません。」(大平さん)

 

「貸し出した商品が配送で返却されてきたとき、採用情報が小さなメモに記載されて商品に貼られていることがあるのですが、直接面と向かってお話ししたことはなくともデジタルの先に人がいる気遣いを感じることができ心温まる瞬間です。」(青山さん)

 

 

また、スタイリストと直接やりとりができるチャット機能をよく活用されており、スタイリストさんにも商品を気に入ってもらいたいという思いから、メッセージにはすぐに返答できるよう都度確認をして、丁寧な対応を心がけているという。

プレス業務の流れがオンラインで完結できる便利な一方で、人とのコミュニケーションが薄れてしまう危機感を感じることも多い業界ですが、STYLIAの機能をうまく活用して人との繋がりを構築されている好事例。

 

ーメディア掲載情報のプレートを商品近くに配置

 

メディア露出情報の活用

「悩まれているお客様には会話の流れでメディア掲載情報をお伝えしています。特に女性へのプレゼントを探している男性には最後の後押しになるんです。スタイリストさんに選ばれ、芸能人が着用してメディアに出たという付加価値が、選択の自信に繋がるのだと思います。」(青山さん)

実際にドラマで使われた際のスタイリストさんが組んだコーディネートを参考することもあるそう。お客様へのご提案に様々な視点からSTYLIAで得た情報を活用されている。

 

 

「ブライダルジュエリーを取り扱っているので、純白カラーにダイヤモンドの煌めきをイメージしたレインボーのブランドロゴを印字しているオリジナルケースも貸し出しています。ドラマでプロポーズのシーンがあれば、ぜひこちらもセットで借りていただきたいです。店内はブランド名“TERRA”から湧き出る世界をそのままに、空間づくりに努めました。テラは、壮大なる大地・地球という意味から、宝飾台の下部分は大自然をイメージしたデザインになっているので、店舗にも訪れて世界観を体験してほしいですね。」(青山さん)

 

 

メディアに露出することで、ラボグロウンダイヤモンドの選択肢を広げたい

「ラボグロウダイヤモンドを聞いたことがない人にも、日常的に取り入れてもらえるようになってほしい。天然同様の品質があるということを受け入れ、選択肢がある上で自分の価値観で選んでもらえたらと思っています。関わる人の日常にジュエリーの先にあるドラマを提供します。」(青山さん)

 

 

STYLIAに期待すること

スタイリストから選ばれるだけではなく、企画書を確認することができこちらからも提案できる仕組みがあると、更にリースのチャンスが広がりそうな気がしています。」(大平さん)

 

STYLIAのシステムをかなり活用いただいた上で更なるご提案を頂戴した。こうした現場の声が、今後さらなるシステムのユーティリティ向上に繋がりそうだ。

 

▼ブランドとスタイリストをマッチングするオンラインプレスルーム「STYLIA」(スタイリア)

https://stylia.korecow.jp/

※今なら導入しやすいトライアルメニューもご用意

 

▼芸能人着用衣装が見つかるコミュニティサイト「コレカウ」

https://www.korecow.jp/

※STYLIAで採用された商品情報はコレカウに全て無料掲載